ヨーグルトには食べてはいけない季節がある?

アーユルヴェーダコラム
Satomi
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
インドではロックダウンが延長され、5月3日まで外出禁止になりました。(日々感染者数は増え続けているので期間は延長されるはずです)気分が下がる日があるかもしれませんが、みんなで乗り切っていきましょう!!

今日は、ヨーグルトの食べ方について共有していきます〜

ヨーグルトの基本性質

インドではヨーグルトはカード(curd)もしくはヒンディー語でダヒと呼ばれています。日本でよく食べられているヨーグルトとは乳酸菌が違うようで、酸味が控えめです。


・Amlapakarasa- 酸っぱい味、酸っぱい消化後の味
・Grahi- 便秘を促す
・Guru- 重い
・Ushna- 温かい
・Vatajit- ヴァータを下げる
・Meda shukra bala shleshma pitta rakta agni shopha krit
-脂肪、男らしさ、強さ/免疫、カファ、ピッタ、ラクタ、消化力、むくみを増やす
・Rochishnu- 美味しい
・Shastam aruchau -食欲不振を治す
・sheetake vhishama jvara- 冷たい性質、断続的な熱を治す
・peenase- 鼻炎を治す
・mutrakrcchra- 排尿障害を治す
・Ruksham tu grahanigade- 乳脂を取り除いた後、grahani rogaの治療に使う

Ashtanga hrdaya 5/29-30

ヨーグルトはいつ食べてはいけない?

  1. 温めた後
  2. 春、夏、秋
  3. 頻繁に食べてはいけない
  4. そのまま食べてはいけない
必ず以下のいずれかを混ぜて食べましょう。
・ムーングダールスープ
・蜂蜜
・ギー
・砂糖
・アマラキー(indian gooseberry)

もし正しくない食べ方をすると?

  • jwara- 熱
  • rakta pitta- 出血障害
  • visarpa- 一種の皮膚病
  • kushta- 皮膚病
  • pandu- 貧血
  • bhrama- めまい

が起こると書かれています。

実際に正しくない食べ方をした結果…

ここからは最近経験した個人的な体験を。

わたしは割と細身の方で、ずっと体重を増やしたいなと思っていたんです。
で、今ロックダウン中で時間だけはあるということで。体重を増やすと言われてることをとりあえずやってみることにしました。

で、その中に書いてあったのが「ヨーグルトを食べる」

インドは今、夏から春への移行期。
ヨーグルトにはabhishandhiと言われる体の中にある管を塞ぐ粘性の性質もあり、アーユルヴェーダ的にはこの季節に食べてはいけないと知ってはいたのですが…興味本位で昼ご飯の後に毎日食べ始めました。砂糖と混ぜて。

すると3日ほどヨーグルトを食べ続けたあと、手・太もも・おしりに発疹が出始めたんです。しかもとてもかゆい。まさにアーユルヴェーダ古典書に書かれていた正しくない食べ方をすると「皮膚病」になるとはこのことか…!と実体験しました。百聞は一見にしかず。

わたしがしてしまった失敗は、「春と夏の移行期」に「毎日」ヨーグルトを食べたこと。古典書で学んで頭ではわかってはいたけど、こんなに素直に体に表れるとは思わなかったです。

その後、ヨーグルトを食べるのはやめて、コリアンダーを煮出したお湯を飲んで徐々にかゆみと発疹はなくなっていきました。よかったーー

Satomi
いかがでしたか?
食べ過ぎは毒になるとはまさにこのこと。何事も適量が一番。
春先に体に発疹が出る方、もしかしたらヨーグルトが原因かも?