アーユルヴェーダ的、春の過ごし方。

アーユルヴェーダの養生法
Satomi
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
インドは今の季節、本格的な夏にむけて徐々に気温があがってくるはずなのですが…今年は雨が何回か降ったのでまだ過ごしやすい気候が続いています。

日本は春まっさかりと言ったところでしょうか?

そんな訳で、今日は「アーユルヴェーダ的春の過ごし方」について共有していきます〜

春はカファの季節

バターを冷蔵庫に入れると固まったままですが、
外に取り出して、常温の環境においておくと徐々に溶け出します。

これがまさに春のカファの状態。
寒い冬は外の冷たい外気で、カファは固まります。
春になり太陽が顔を出すと、固まっていたカファは徐々に溶けていきます。

増悪したカファは消化力を下げ、体に様々な不調を引き起こします。
特にカファ体質の方は、花粉症や風邪などの症状にかかりやすい季節です。

春はカファをいかにコントロールするかが鍵。

ドーシャ(ヴァーダ・ピッタ・カファ)については以下の記事で基本的な説明を書いてます。各ドーシャの詳しいお話はまた今度。

アーユルヴェーダとは? −基礎理論01:五大元素とドーシャ−

2019年10月8日

春におすすめの食べ物

  • 軽い、乾燥したもの
  • 苦い、辛い、渋い味
  • はちみつ
  • 生姜、黒こしょう、ヒハツ(pippali)、チリペッパー
ヴァータ、ピッタ体質の人は上記のスパイスの使い過ぎには注意しましょう。

春におすすめの飲み物

  • サトウキビ、ブドウ、はちみつ等で出来たお酒
  • ジュースファスティング(りんご、ザクロ、ベリージュースを使って)
  • 水にジンジャーパウダーを少しいれ、沸騰させてから飲む
  • ハーブティー
    (クミン、コリアンダー、フェンネルを同量混ぜて数分沸騰させる)
  • お湯にはちみつを混ぜてから飲む
蜂蜜は過熱調理すると体に悪いので、ぬるめのお湯に混ぜるようにしましょう。

はちみつは過熱すると毒になる?

2019年10月3日

春におすすめの過ごし方

  • 運動(ウォーキング、ヨガなど)
  • 早起き
  • パウダーマッサージ(ハーブの粉を使って毛の流れと反対方向にマッサージ)
  • 自然豊かな場所(公園などで)で友達と楽しい時間を過ごす
  • Nasya
アーユルヴェーダの浄化法パンチャカルマのひとつである「vamana」はこの季節に行うのが最適です。体の中に蓄積されたカファを口から吐き出す浄化法です。パンチャカルマについてはまた今度記事を書きますので、お楽しみに〜

Nasyaについても今度書きますね。しばしお待ちを。

春に避けるべきこと

  • 昼寝
  • 甘いもの、酸っぱいものを食べる
  • 重い、冷たい、脂っこいもの
  • 乳製品(特に朝)
  • アイスクリーム
  • 冷たい飲み物
  • 魚介類、カニ、エビ、鴨
これらはカファを増悪させます。
Satomi
いかがでしたか?
外出自粛で外にでれる機会は少ないし、不安が募る毎日かと思いますが、そんな時こそちょっと早起きして軽い運動から始めてみてはいかがでしょうか。一日がすっきり始まりますよ。

2020年の春を楽しみましょう!